湯沢中里観光協会blog

新潟県・湯沢町の湯沢中里観光協会です。皆さまに季節ごとの情報をご提供してまいります。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

平野歩夢 銀メダル!!!!!

おめでとう!銀メダル!

 

テレビに釘付け

ドキドキもんでした

 

多分 とてもくやしいのでしょうが

一般人にはオリンピックのメダリストなんて夢のまた夢

 

ましてショーンホワイトという絶対的な王者を相手に

小柄な平野くんが堂々と渡り合って戦っている姿に

 

そして前回のオリンピックから今まで

どれだけの努力をしてきたのかを思うと

再びメダリストになれて本当によかった

 

平野くん出身の村上市と

湯沢町は

同じ新潟県だけど

ともに県境で端っこ同士

 

離れているけど同じ新潟県人として

誇りです

新潟県民みんな

いや日本中が喜んでいます

 

まだたったの19才

未来は続きますね

そしてどんどんイケメン化にも

拍車がかかりそうです

 

新潟県のこと | - | -

平昌オリンピック始まる!

いよいよ冬の祭典オリンピックが始まりました!

 

なんだかんだと言ってても

始まるとわくわくしますね

 

今大会の新潟県関係の選手は5名

 

 

スノーボード 男子Hp
平野歩夢選手

前回のまだ幼さが残っていた

中学生の頃から

4年たってグッと精悍に

なりましたね

金メダル候補です

 

スノーボード 女子HP
冨田せな選手

 

女子スロープスタイルとビッグエアの
藤森由香

 

フリースタイルスキー
小野塚彩那選手

 

バイアスロン

田中友理恵選手

 

湯沢町出身の長谷川絵美選手は

残念ながらあともう少し

というところで

出場を逃しました

 

私達町民もとても残念でしたが

本人が一番悔しい思いをしている事と思います

 

あれだけの実力と実績を

これからの湯沢町や新潟県のスキー振興に

力を貸してもらえたら

と思います

 

隣町の南魚沼市

 

なんと!田中友里恵選手のお母さんは

学校の先生

この湯沢町にも

なんどか赴任されています

オリンピック選手が娘なんてすごい!!!

テレビで応援します!

新潟県のこと | - | -

パンがない!

Aコープに買い物行きました

パンのコーナーにパンがない!!!

24日に奄美大島にも103年ぶりに雪が降ったという今回の大寒波
幸いというか ここ湯沢町は雪の量が増えて逆に良かったんですが
新潟県の長岡市付近ではなんだか大変だったみたいで
国道8号線という新潟県の主要道路が大渋滞になってしまいました

今日は27日なのにパンが来ない
ってどういう事?

24日は雪がひどくなったので県内の高速道路があちこちで通行止めになりました
そのため下道におりた多くのトラックなどがガタンガタンと国道を走り
道が凸凹になって動けなくなった車が続出で大渋滞になってしまったらしいです
いつもなら1時間で着くところが12時間もかかったとか・・・

ここで疑問
・・・・・・新潟県なのに・・・・・・?


自慢じゃないけど(自慢かも)
今年の湯沢は10年に一度あるかないかの少雪ですが
去年は 連日 雪!雪!雪!でした
毎年 嫌になるほど雪が降ります

それでも今まで毎年鍛えられた雪とのつきあい方で
4胆磴積もっても
みんなの努力で平常にすごしてきました

雪はいやだね~と文句を言いながら・・・

除雪車で町中を除雪してくれる人
(除雪、上手いですよ~ 鏡面のようになります)
屋根の雪をこまめに下ろす人
家の前の雪を一日中除雪する人
なんだか私達湯沢の人ってすごくない?

だれも褒めてはくれないので
じぶんで褒めることにします
自画自賛でした

 
新潟県のこと | - | -

大地の芸術祭 その3

天気が悪いけど 大地の芸術祭は待ってくれないので行きます
 

今日は津南へ

張り切って出かけて
津南総合案内所の10時開館前に着いてしまったので
津南の町を歩いてみました

苗場山というお酒を造っている苗場酒造株式会社

湯沢では苗場といえば苗場スキー場ですが
津南では多分苗場といえば苗場山

日本酒やお米 津南のにんじんジュースとか色々売っていました





津南の商店街のお店には お店の人の似顔絵ポスター













たまげたと しょーしいは 知ってる

旧富田屋旅館を使った作品




 
とてもきれいでずっと見ていたかった

北越雪譜は江戸時代のベストセラーということですが
どのくらいの部数売れたんでしょうか・・・・?
江戸時代の雪国ってマジでこんなだったの?という
衝撃的な話が次々とでてきます


映像や光を使った楽しい作品がたくさんありました








津南のAコープA ポップ!

次に外丸地区の旧中学校と旧保育園の方へ





集落全部の家のアルバムがありました

それぞれの家のそれぞれの歴史
ちょっと切なくなるようなたくさんのアルバムでした

タイムリー・・・



おなかがすきました

おそば
十日町といえばそばですが
津南にも美味しいおそばの店があります
ねとっとした独特の食感
手打ちそばの店 とみざわさんです
お客さんは大地の芸術祭のパスポートを持った人が多数


もう2時になってしまった


次はこの大地の芸術祭の長野側の端っこ
上郷地区
上郷中学校
津南町も湯沢町とおなじく町立中学校が1校になったんですね

閉校した学校がこんなにあるから
大地の芸術祭ができるのか
というなんだか複雑な気持ち



校長室らしい部屋

タバコ吸い競争って・・・・・・・・・・・・・・
これ 町内運動会とかで今やるのって不可能でしょうか・・・
なんかおもしろそうなんですけど


ワラビの計量もありました


体育館が劇場に変身しました




最後に秋山に行く途中にある
DEAIというかわいい 元空き家へ  





空屋もこんなに素敵になるんだなぁ


もうすぐ3年に一回の大地の芸術祭がおわってしまうので
ラストスパートをかけます
新潟県のこと | - | -

大地の芸術祭 その2

今回は松代方面を目指して出かけました
石打から国道353号線を通って旧中里村へ

最初に 廃校になった清津峡小学校の体育館
清津倉庫美術館



学校の集合写真や白黒の昔の写真が飾ってあります


3レーンだけの25奪廖璽


学校の裏には清津峡から流れてくる清津川
プールもあったけれど
きっとこのきれいな川でも子ども達が遊んでいたんでしょうね


次も廃校になった 旧高道山小学校の校庭
3本の大きな木が木陰を作ってくれています

河岸段丘が見渡せます


そして松之山方面へ

しかしどこかで間違ってしまいました
なんか変だなぁと思いつつ
松之山という表示に従い進んでいくと
めちゃくちゃ山道

崖崩れ・・・・

やっと民家がある樽田集落という所へでました
超山の中にある集落でした・・・


しかしそのまま進むと
ものすごくきれいな棚田が!!!
間違ってよかった!!!





やっと松之山の町が見えました
人里についてよかった〜

夢の家 という案内があったので
行く予定はなかったのですが ちょうどいいので行ってみました
ここは結構山奥なので 行きたいとは思っていたのですが
なかなか行けなかったのです



ここで宿泊も出来ます
赤い部屋が一番無理っぽかったです

コップの下にゴムを置き水を入れておき
その水を飲むと何か体にいいことが起きる・・・
みたいな説明書きがありました

この場所はちょっとオカルト的な感じかしました



おなかがすいたけどあまり店もないので
志んこ餅10コ買いました
これがお昼





次に松代の
スタジオ イ・ブルという作品の
元医院だった所へ

しかし ここでも間違いをしてしましまいした
このT330という作品番号をみ落とし
この前を通過したのですが 作品がなんかあるなぁ
と思いながら前進し 長いトンネルを抜けたら隣の上越市でした

またグルグル回ってやっとたどり着きました
(こういうことがあると同乗者と若干険悪な空気になります
ちゃんと地図見てろよ・・・的な)

立派なお宅です


カオスですねぇ・・・

何故 昔の階段はこんなに急だったのか?


赤ちゃんの体重計
なんかなつかしい・・・

何もかも古い診察室
何年前まで診察していたのでしょうか・・?


松之山おふくろ館にあるカラスの羽でできた作品 茶室になっています
うたかたの歌垣 です



帰りはちゃんとした道で帰れました
途中にある土石流のモニュメント

こんな感じで
カーナビがない車に乗っていると
間違いも多いのですが
思わぬ遭遇もあったりします
それもまた大地の芸術祭の楽しみだと思います

新潟県のこと | - | -

明日から大地の芸術祭

また3年に一度の夏がやってきました

妻有神社の白い紙に
3年後も元気に大地の芸術祭を見ることが出来ますように
とお願いしたのがつい最近のような気がするのですが
もう3年経ってしまいました

25日から始まるのですが
23日に大地の芸術祭実行委員会さんが近隣の観光協会や宿泊施設に
お客様への案内に役立つようにと研修バスツアーを企画してくれました
ありがとうございました

 最初に拠点となっているキナーレへ
前回は洋服が山のようになっていた作品だったのですが
今回は本物の山のような作品です

周りにはこの地方の昔からある わら細工のかざりがたくさん




次は旧東下組小学校でのもぐらの館へ

ここへ行く道は湯沢に住んでいて何度か来たことのあるわたしでも
不安になるくらいの山奥で(住んでる方すみません)
本当にこの道でいいのかと多分不安になると思いますが
ちゃんと着きますから

ここは土を使った作品を展示してあります

急ピッチで作業中






6年前に閉校した学校ですが
まだ子ども達が学んでいた頃の色々な名残がありました

十日町の子はクロカンが速くて
この学校の周りの高低差がある田んぼで
きっと毎日練習していたんだなぁ
と ちょっとさみしいような・・・







お昼近くなり
次は人気スポット
うぶすなの家へ





お弁当

前回までは地元のお母さん達が作っていたのですが
今回から東京恵比寿のプロのシェフさんが参加し地元の野菜など使って
定食やカレーなどさらにパワーアップして出されるそうです

ユウゴウやゼンマイ、ワラビにナスやキューリ 湯沢とおんなじだ


ところで うぶすなってなんだ?という話になりました
とてもよく話してくれる案内のお母さんがいて聞けば良かったのですが
聞きそびれました

うぶすなって打つと「産土」って変換されます
焼き物の場所なのでこのことなんでしょうか
ブナとウスかな〜とかいろいろ想像したのですが

答えはわかりません

こんな素敵な小道がありました

次に松代農舞台へ
ここも急ピッチの準備中

これを見たら大地の芸術祭というくらいシンボル的なこの作品



これなんだろう?

松代はほくほく線の松代駅周辺に歩いて行ける範囲に
全部見ようとしたらたっぷり一日かかるくらいの作品があるので
おすすめです
ただし暑い日には山坂上り下りするのでかなりきついです
確実に2キロは痩せると思います

次に奴奈川キャンパスへ
ぬながわと読みます

ここも準備の真っ最中だったのですが見学させてもらいました







彫刻刀で家中彫った脱皮する家と同じ大学の学生さん達が彫った壁画が
玄関に入るとすぐに目に入りますが初めはよくわかりません

近づいてみると初めて彫刻刀で彫った物だとわかります

作業中の鞍掛先生がどうやって彫るのか教えてくれました

ここも閉校した学校ですが
改装しておしゃれなカフェみたいに変身してました

次にその「脱皮する家」へ

前回打っていた彫刻されたサンダル
買えば良かった・・・と今でも後悔(・・高かったのです 値段が)
下駄なら自分で彫れないことも無いかも

そしてつぎは松之山のキョロロへ
ここでも館長さんに色々説明していただきました
カブトムシや松之山の豊かな自然のことや
雪のこと(雪の量は湯沢は松之山に負けます)


準備中でいた作家の岩谷雪子さんが作品を説明してくれました
森の中にある植物のありとあらゆる部品と使った作品
良くこんな事考えつくなぁという作品だらけ
とても繊細で綺麗でした

次に

土石流のモニュメント
ダムは作品ではなく周りにある黄色いポールが作品です

でもこのダム
山や棚田ばかりの風景の中に突然現れた巨大な木の家のように見えて
びっくりします

最後に水沢駅と土市駅の近くにある
かわいいかわいい かまぼこハウス
 


駅もかわいい
 


朝10時に十日町駅を出発して午後5時にまた十日町駅に戻りました
1日回っても10カ所も行ったか行かないか


全部で380の作品があるそうです
全部見るのはとても無理ですが
たまたま見た作品がいつまでも記憶に残っているっていうのもあります

これから約1ヶ月半
どうぞ大地の芸術祭に来てグルグル回って下さい
楽しいですよ!


  
新潟県のこと | - | -

ゲンビシンカンセン

今年は3年に一度の大地の芸術祭の年
3年ってはやいなぁ・・・・

ついこの前だったような気がしますが
今年も一生懸命グルグルまわらなくては!!!
タマミちゃんにも会いたいし・・・

十日町まで行くのも結構疲れるので
湯沢からですが
今回は 泊まりがけでいきたいなぁ

そんななかJRさんが
なんかすご〜くいい感じの新幹線を運行してくれるみたいです

その名もゲンビシンカンセン
漢字で書くと現美新幹線
現代美術新幹線です
是非 乗ってみたい!!!

運行が越後湯沢から新潟間です
売り出したら切符買います!

新潟県のこと | - | -

第58回新潟県中学校スキー大会

 一月の半ばころから
各地でスキー大会が始まります
まずは上越・中越・下越の地区ごとに
そして勝ち進めば 県大会で競います

1月15日16日に県中学のスキー
アルペン大会が
赤倉温泉スキー場で行われました

湯沢町では
小学生から町で育成を始め
中学生になってもスキーを続けたい子は
中学のスキー部に入ります

湯沢中のスキー部OBは
皆川賢太郎さんや
長谷川絵美ちゃんなど
海外で活躍するようになった選手が
何人もいます

当然そういう選手は
中学、高校時代
県の代表に選ばれ
全国大会でも上位の成績を残してきました

今回の大会
男子 SL3位 GSL6位で
全国大会に進みます
女子もあと一歩の成績でした
成績
(関係者じゃないので全国大会の枠が不確かですが・・・)

2人ともこの土樽地区に住んでいて
同じ湯沢中学3年生

もちろん生まれながらの身体能力があるのでしょうが
想像ですが
お互い切磋琢磨して
技術を高めあっていったのだと思います

是非 全国の舞台でいい滑りをしてください
今までの集大成ですね

新潟県のこと | - | -

超快速列車

北越急行 が超快速列車の名前を募集してます

超快速列車・・・・・
 チョウカイほっくん
 ほくほくマケナイン   とか・・・

まぁたくさん応募が来ていい名前になるといいですね

ほくほく線は
越後湯沢から六日町までは上越線の線路で走っています
特急はくたかは
湯沢から金沢を結ぶ黄金路線です

東京からの新幹線から降りた はくたかに乗る人たちが
ものすごいスピードで乗り換える様子はすごいです

湯沢で降りる私はのんびり歩いてますが
はくたかに乗る人達はものすごいパワーで
子どもからお年寄りまで荷物を持って
猛ダッシュで走って行きます

それが来年の3月に北陸新幹線が開通すると
特急はくたかは廃止になっちゃうのです

この特急はくたか問題
上越新幹線の乗客が少なくなるとか
湯沢駅が閑散としちゃうとか
いろいろあるんですが
北陸新幹線ができちゃうんですから
しょうがないです

でもそこであきらめないのが
北越急行

超快速列車を運行させて
上越市まで行けるようにしてくれるらしいです

ほくほく線はスピードを出しすぎて
これまでも何度か注意されてるのですが
得意分野がスピードなので
やはりこれしかない ってなったんでしょうねぇ

何キロで走るんでしょうか・・・?
開通したら一度乗ってみます
 
新潟県のこと | - | -

長岡大花火大会

この夏 新潟県の一大イベント
長岡大花火大会

行ってきました

長岡市長の森さんが挨拶のなかで
長岡の花火は日本一ではありません
世界一です!と力説していました


他の花火大会はあまり見たことがないので
何とも言えませんが
本当にすばらしい花火を見ることができました


適度な風もあり 雨も降らず
天気にも恵まれました


5分を超えるフェニックスや天地人
この空の花など
他にもすばらしい花火の数々


普通の花火大会なら主役を張れるような
花火でも脇役になってしまうような
豪華さです


音楽と花火の相乗効果で
もう泣いてる人続出


もう最高の花火大会でした!!!!



花火のすばらしさは
もう涙が流れるほどですが
人出も今年は2日で100万人を超えたと言うことで
すざまじかったです・・・・


今回は湯沢から上越線で長岡に行ってみることにしました
16時15分発の越後湯沢発長岡行き
17時33分に長岡に着くから
花火が始まる午後7時頃にちょうどいい

と、みんな同じ事を考えるんですね・・・

ちょっと混みそうなので少し早めに駅へ
ボックス席の3両編成です
無事 席確保
しかし湯沢を出発したときには
ぱらぱら立ってる人がいました

いつもはガッラガラの上越線
混みそうだなぁ・・・

途中15の駅に停まります

どんどん人が乗ってきます
上越線ではあり得ない乗る人の数です
ベビーカーの人もいます(もう無理!)

マックスは小千谷でした
ぎゅうぎゅうに詰め込まれ
駅員さんではなく
乗客が
「もう無理で〜す!!次の電車にしてください!!」
とドアをガシャンと閉めてしまいました(中から)
上越線は手動なのです ドアの開け閉めが

東京の満員電車よりもすごくなりました
(そんなのに乗ったことないけど)
車内に悲鳴が鳴り響きます


都会の人は次の電車に乗ればいいのに〜
と思うかもしれませんが
ローカルな上越線は一時間に1本位しかないのです
なので必死なのです


小千谷の次は越後滝谷という駅
この駅はパークアンドレールということで
花火大会のパンフに
駅前に車をおいて電車で長岡に行こう!
とPRしていた駅でした

それなのに・・・・
乗れない

次の宮内駅も
パークアンドレール

全然 全く 乗れない

まぁ私はいうと
ボックス席で普通にすわっっていたのですが
ほんとに通路はぎゅうぎゅう詰めでした
凄まじかったです
車両の中も熱気でものすごく暑くなりました
みんな汗だく・・・


ボックス席の車両なのでさらに状況が悪化しました



JRさん。
車両を5両にしとけば大丈夫だったと思うよ




中越地震から10年のメモリアル大会
開催日が土日ということで
当初から100万人超えるのではと言われていました


なんだかなぁ。。。。



20分くらい遅れて何とか長岡駅に到着


ぎゅうぎゅう詰めになった皆様
本当にお疲れ様でした

今回 なにがすごかったかって
この上越線の車内でした・・・




会場に到着

打ち上げ開始です

また来年も来たい〜!

新潟県のこと | - | -